ホーム > 技術情報 > 表面粗さの種類、表面記号、仕上げ記号

表面粗さの種類、表面記号、仕上げ記号

表面粗さの種類と仕上げ記号

表面粗さの種類

最大高さ
Rmax
国内で主に使用され、表面粗さ計の断面曲線から必要に応じ、基準長さLを取り、その間の最大高さを求め0.001mm単位で表わす。
0.012mm→12S又は12μmRmax
十点平均粗さ
Rz
最大高さと同じく基準長さLを取りその間の上から3番目、下から3番目の点を通る平行線の間隔を測り0.001mm単位で表わす。
0.008mm→8Z又は8μmRz
中心線平均粗さ
Ra
米国などで主に使用され、断面曲線とその中心線との面積を測定長さで割った値を0.001mm単位で表わす。
0.025mm→25a 測定器より直読でき、合理的である。

仕上げ記号の表面粗さ区分

記号 表面粗さの区分値 基準長さL(mm)
Rmax Rz Ra
〜0.8S 〜0.8Z 〜0.2a 0.25
〜6.3S 〜6.3Z 〜1.6a 0.8
〜25S 〜25Z 〜6.3a 2.5
〜100S 〜100Z 〜25a 8
特に規定しない。

表面記号と仕上げ記号

表面記号の構成

仕上げ記号の使用例

記号 意味
除去加工を行わない。
L8mmで100μmRmaxより細かい鋳造などの面。
L8mmで最大50μmRzの除去加工を行う面。
上表に示す表面粗さの範囲にはいる除去加工を行う面。
λc0.8mmで最大0.8μmRaの除去加工を行う面。
上表に示す表面粗さの範囲にはいる研削加工を行う面。

λc2.5mmで最大1.6μmRaの研削加工を行う面。

ページトップへ戻る